0 カート

おくら 8~10本入 1パック

  • ¥218
    単価 あたり 
表示価格はすべて消費税込の価格です。 ご自宅までの配送を選択された場合、配送料は購入手続き時に加算されます。

残り-25個!

ご自宅までの配送は東京23区のみご利用いただけます。
(弊社のセンターまで取りにきていただくドライブスルーは、どなたでもご利用可能です)


宮崎県産・鹿児島県産ほか国内産


夏が旬の野菜ですが、漢字で「秋葵」と書くんですよ。オクラの実は産毛をいっぱいまとい、空に向かって成長します。オクラの花は、綺麗なクリーム色で、朝顔のような大きな花びら。とても存在感があり、朝、紅白の花は太陽の光をいっぱい浴びて咲いては、夕方にはしぼみます。


日本で流通しているオクラは、ほとんどが緑のネットに入っています。理由は、オクラは乾燥と低温に弱く、呼吸が盛んで、鮮度を保ちにくいので、劣化予防に(黒くなりにくいように)ネットに入れて、売られてるんですね。
産毛を取るには、板ずりする方法のほか、このネットに入れたまま、(塩はあってもなくても可)まな板の上でコロコロすると簡単。

オクラは、アオイ科トロロアオイ属に属し、原産地は、エジプトなどのアフリカ北東部。日本へは明治初期に伝わり、観賞用から1960年代に家庭で食べられるようになりました。和名は「アメリカネリ」「陸蓮根」で、実は「オクラ(Okra)」は英語名なんです。日本の流通量は、1.2万トンで、全国の40%ほどが鹿児島、30%ほどが高知で栽培されています。(2010年調べ)


オクラのネバネバは、胃の粘膜を保護したり、たんぱく質分解酵素として、消化を助けたり、免疫力を上げるなど、身体が喜ぶ効果が期待できます。ビタミン、ミネラルも豊富です。

ちょっとおしゃれに 色鮮やかなグリーンのスープ「オクラのすり流し」です。お出汁が効いた冷製のすり流しは、ご飯にかけても美味しいです。


(材料)2人分
オクラ2本
モロヘイヤ2本
だし汁200cc
塩2g
醤油小さじ1/2

(作り方)
1.花鰹と昆布で出汁をとる
2.オクラとモロヘイヤを茹でる
3.2をすり鉢でする(ミキサーやフードプロセッサーでもOK)
4.3を出汁でのばし塩と醤油で味付けする

塩と醤油はお好みで調整してください。すり流しとは、魚介や野菜などのすり身をだし汁でのばして仕立てた汁(すり流し汁)です。オクラとモロヘイヤから出るとろみでのどごしが良いスープです。冷製でもあたたかくても美味しくお召し上がりいただけます。


オススメ商品